確実不定期日記な日々・・・orz/朝食たまネギ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【アニメ】東京レイヴンズ第17話が酷かったようだね……【スタジオパストラル被害者の会】

<<   作成日時 : 2014/02/06 02:31   >>

トラックバック 0 / コメント 0

アニメ「東京レイヴンズ」の第17話が放送され、各所から「作画崩壊www」などと怨嗟の声が届いております。嗚呼……。

どれくらい酷かったか、というのは適当にググればわかると思います。(Google検索結果へのリンク
特に戦闘はどの場面も違和感だらけで、幼稚園児の劇を見てるような感じ。作画崩壊というかコンテ演出から酷いんだろうと思われ。

この17話はEDクレジットの最後を見てもわかる通り、制作協力:スタジオパストラルでした。つまり下請けであるスタジオパストラルに1話丸ごと投げた所謂グロスってやつです。
グロス自体はスケジュールや予算など大人の事情のためよくあることなんですが、こうまでデキが悪いと叩かざるを得ません。

このスタジオパストラルと言えば、我々にとっては記憶に新しい――ええ、まだ新しいです。――魔法先生ネギま!劇場版の大惨事(→劇場版ネギま!、作画崩壊の上に、本編20分短くしといて別アニメを流す。パンフレットの印刷も間に合わない悲惨な状況に)の戦犯でもあります。(シャフトとの共同戦犯)
今回被害に遭われた東京レイヴンズファンの皆様に心からお悔やみ申し上げます。
特に、既にBDマラソンを始められた2000人弱の皆様の心中お察しいたします。強く生きてください。



……さて、何で今回こんな記事を書いたのか、経緯の説明をもって本題です。

酷い17話を見る

あ、今回パストラルだ

まとめサイトとかTweet検索とか見てもあまりパストラルに言及されていない

こんな状況だから悲劇は繰り返すのでは?


アニメ作品にはクレジットに関わった者の名前が冠されており、それが批評の対象となる責任の所在を表しています。しかし多くの視聴者はEDクレジットなど読まないし、読んでもCVや元請けの名前に留まります。そのためネットで騒がれたとしてもなかなか本当の戦犯が批判されることがありません。悪い物が世に出た責任は、然るべき当事者が然るべき形で被るべきですが、現状それが果たされてるとは言えない状況にあると思います。

アニメのニュースサイトは数あれど、こういったことを「報道」してくれるサイトは知る限りありません。これはアニメという分野全体にとって不幸なことではないでしょうか。

誰かもっと詳しい人が、アニメEDクレジットの読み方とか解説してくれたら需要あるんじゃないかな。

この記事は1つのちょっとした問題提起です。
少しでも多くの人がアニメを見るときにちょっと広い視点で見れるようになってくれたらと思って書いてみました。


願わくは、出来の酷いアニメを生まれる前に消し去りたい。

全てのアニメファンの幸せを祈念しつつ。
【サキガケ⇒ジェネレーション!】情報ページ公開中!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハルウソ-Passing Memories- Dies iraeアニメ化プロジェクト応援中! 『シルヴァリオ ヴェンデッタ』応援中!
【アニメ】東京レイヴンズ第17話が酷かったようだね……【スタジオパストラル被害者の会】 確実不定期日記な日々・・・orz/朝食たまネギ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる