魔法先生ネギま!170時間目メモ・・・感想!

アスナよりエヴァ。

アスナによりエヴァを「ネギま部」名誉顧問に。別荘が部室。
ネギの修行用に増えていた別荘。ハードな環境ばかり。
刹那に褒められて上機嫌なアスナ。
調子よく部長に薦められるが名誉顧問の反対票。
ネギに一撃食らわすテストをすることに。
軽く負け。パンツ見せてる。アスナ変態。

ネギま部‥‥まぁいいけどw
ネタにはなるんじゃね。俺は無理矢理にしか見えないけど。
別荘を部室に貰うのはいいよ。俺も欲しい。
酷寒・酷暑の中で修行は‥‥魔法使いは気候条件の影響受けないようにできるんですかね。

細かいのは端折って、今回はやはりエヴァンジェリンでしょう。

エヴァがアスナを気にかけているというか、そんな素振りをところどころで見せ、結果的には直接手を差し伸べることにしたようですが。
アスナを「ただの女子中学生」とわざわざ言っているし、アスナの本名の件もあることから、エヴァとアスナには何らかの関係があるのでしょう。
当然エヴァはアスナの過去について知っており、「貴様はこれから大変な過去を知るというのに何をそんなにヘラヘラしている。」みたいなことを思いながら、テストをしたのだと思います。

次にすることが決まり、仲間でワイワイ、覚悟を問い、思い改めて解決。

ループですよね。

何でいちいちアスナが覚悟しなおすことになるのか。
これは無駄に外野が多いからにほかなりません。無駄な仲間共さえいなければ明日菜も真剣にネギのお父さんを探すことを考えるでしょう。
真面目なのはエヴァだけですか。
明確なプラン無くして人一人探せますか。

アスナたちだけでなく、ネギま!というマンガそのものが真面目になるべき時だと思います。

準備でワイワイ、出発でワイワイ、途中でワイワイ、到着でワイワイ、キョロキョロワイワイてくてくワイワイキャーキャーワイワイ・・・こんなのは嫌。



というわけで、私レイトGXの考えるネギパーティベストメンバーを発表します。(遅いですが)

ネギ・アスナ・いいんちょ・朝倉・さよ・楓・夕映・茶々丸・エヴァ

以上9名。エヴァと茶々丸は留守番なので実質7名。
ネギとアスナは当然。いいんちょは(いろんな意味で)精力的な活動が期待できる。朝倉は場をわきまえて行動できる諜報員。さよは朝倉のアンテナになれる。楓はネギの思いを理解している頼れる人。夕映は知識とアーティファクトが有用でネギを想ってる。
ウェールズではネギ以外はそれぞれタッグを組む。アスナといいんちょ・朝倉とさよ・楓と夕映。
これくらいならネギからの指揮系統も機能するだろう。

なんてまぁ妄想。


今回小ネタが多かった気がする。気のせいかもしれんが。
エヴァの眼鏡とか、そこそこなアスナバストとか、アスナパイ(ryとか。


エヴァの詳しい心情考察とかはそういうのが得意なネギまブロガー多いし、そっちを見てくれれば。

俺はここらで終わっとこう。何かあった気もするんだが。

この記事へのコメント

真 光
2007年03月29日 20:11
また、おじゃまします。「何かあった気もするんだが」は、”ネギの嫁はほぼ明日菜”では。違うならすいません。(汗)後半はバトル物での王道展開で、ラブひなでも同種の展開在り。
2007年03月29日 21:26
またのコメントありがとうございます。
“ネギの嫁はほぼ明日菜”いいですねw
このバトルで負け、ここから成長していくことでしょう。

この記事へのトラックバック