【エロゲ感想】「Vermilion -Bind of Blood-」

大変間が空いてしまいました・・・前の記事からも、プレイ終わってからも。
それでは感想行ってみよう。

自己紹介:ちょっと変わった設定のエロゲを好み、雰囲気を重視する。キャラクターが生きてると高評価。プレイ済みゲームは批評空間(ユーザー:rategx)を参照されたし。


画像

「Vermilion -Bind of Blood-」
http://www.light.gr.jp/light/products/vermilion/index.html

light新作の吸血鬼物でございました。
吸血鬼物としてなかなか評判も良いようでlightは正田ラインだけじゃないのよ、と。
隠れた名作ポジションを得られる感じで良いlightですね。

シナリオは昏式龍也氏・高濱亮氏。しっかり楽しめました。
泉まひる氏の女の子とさるか氏の男の原画は良い分担だったのではないでしょうか。
あとはlightの塗りスタッフもいい仕事をしました。擦れたようなテクスチャも雰囲気に寄与していると思います。
音楽はlightの燃えゲーに定着した与猶啓至氏。良い雰囲気でした。
CGのサイズが大きいのは良かった。このサイズのゲームが増えて欲しい。

さて、キャラクターの話をしましょう。
主人公のトシロー・カシマは落ち着いていて俺好みの主人公。エロゲらしからぬ、とは言われますが。
ヒロイン4人の中ではアリヤ・タカジョウが一番好きですね。人気投票でも安定した人気で嬉しい限り。
青山ゆかりさんのドスの利いた声が心の奥まで抉ってきて最高です。強さと弱さと兼ね備えているのもいいですね。すごく良いキャラで個別ルートも良かったですね。褒め殺し。ヤンデレうめぇ。
アリヤルートのエピローグで髪を伸ばしてロングにしてるのが美影さんを連想してどんなやり取りがあったのかちょっとニヤニヤですわ。最高です。
あとシェリルもニナも良い女でしたよ。アンヌも「あぁアンヌ・・・(泣」みたいな感じで。
あと言及しないわけにいかないのがアイザックですねぇ・・・もうひとりのヒロインと言っても過言じゃない。この人は本当に・・・一途で・・・。
個人的に一番好きなサブキャラは先代ホワイト・パイル、ヴィクトル・シュヴァンマイエル・クラウス。この人は強かった。渋いオッサン惚れるやろ・・・。
全体的にキャラクターが筋を通していて好印象ですよね。
人間とかちょっと哲学入っててなかなか自分の糧となるところもありそうです。
グランドルートまでずっと見応えがあったと思います。

最後に足りなかったところを挙げておくと、やはり戦闘の演出でしょうか。
戦闘時のCGが少ないこともあって似たような動きになってしまうところがあったかな。
まぁ個人的にはバトルより生き方メインで見てるのでそこまで気にしてないのだけれど。
あとは仕方ないけれどエロは使えないかな。雰囲気は良いんだが。むしろ「らしい」か。

といったところで。
ゆかり教育としても良質ですし、オススメできる出来でしょう。
予約キャンペーン特典の「もし、アリヤの好感度が最初からMAXだったら」もなかなか笑った。
最初からMAXだったらラブラブオーラに満ちた感じにちょっとは丸くなるのかと思ってたらさらに極まってて吹いたよ。

ちょっとプレイから時間が空きすぎてスレの引用みたいになったとこもありましたね・・・。
もっと早く感想を書けば良かったなと反省しております。
感想は早く書いた方がみんな幸せなんだよね。

Vermilion -BIND OF BLOOD- 初回版
Light
2011-05-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Vermilion -BIND OF BLOOD- 初回版 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

検索用:ヴァーミリアン、ヴァーミリオン

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック