魔法先生ネギま!劇場版+舞台挨拶の感想

イベント的なもの初参加。

青春18切符を使って始発で愛知から東京へ。
昼過ぎに新宿バルト9に到着して物販とかネギハヤカフェで休憩。
開場前にロビーでネギま!部屋(楊さんのページ別館)の楊さんにご挨拶。
SUBARU帽を見つけて一瞬で把握。これが楊さんか‥‥っ!
しばらく躊躇しながらうろうろ。これがネギま!ブロガー勢だな・・・。
うろうろにうろうろを重ねた末タイミングを2,3度スルーした後ご・あ・い・さ・つ!
わーいHN把握しててもらえたよーう。チケット取れたときにブログに記事上げといて良かった。
他の方々とはそもそも交流が無いので非コミュ故に話しかけませんでしたが、もしかしたら美空家さんとこの脳トレで自分のこと知ってる人もいたりしたかな・・・?
そんな感じで上映開始を迎えました。

その前に、パンフレットはネギハヤとネギま!の二種を買って、両方とも読んでました。
書いてあった火星が落ちてくる超展開に「えー」と思いつつ特に声優さんのメッセージとか対談を面白く読んでました。

席は真ん中ほんの少し前の中央やや右といったところで、映画を見るには首をどうしていいかわからないやや痛い感じで。でも舞台挨拶ははっきり見えるし少し見下ろす感じの悪くない距離でしたね。

映画の細かい感想は後述。(!)

初っぱなネギの目の位置が上下ちょっとずれてるなーなんて思いつつ始まり、くーふぇが構え取るのはわかるが楓さんはちょっとギャグだなぁなんて思いつつ、バトルもなんかコレジャナイけどまぁいいかなんて思いつつ、のどかと夕映の変身サービスにこれは気まずい空気w横見ちゃダメだよなとか思いつつ、バトル後のシーンがぶつ切りでここがカットされたとこかなーとか思いつつ、いやここカメラ引くところじゃねえだろ表情撮せよ手抜き乙なんて思いつつ、うわマジで火星落ちてきたよちょっと説明が安っぽいななんて思いつつ、画面暗いなーって思いつつ、杖かよwwwなんて思いつつ、これは処理落ちに見えるwwwなんて思いつつ、あーこれが言われてた真っ白ねー・・・・・・確かに長えなおい大丈夫かよなんて思いつつ、魔法世界の人が普通に?いる??出てきてないよ???アリアドネー組の出番までカットしちゃったの?なんて思いつつ、EDやっぱ結構いいなでもお前口だけパクパクされるのがこんだけ続くと紙芝居も同然だよ動けよ口パク合わせるより動かすのが大事だろ最後にこれはねーよなんて思いつつ、終わった。
(具体的な言葉は後付けだがどれも感覚としては持ってた内容。一応順不同。)
はいもう完全に先に情報得てしまって素直に見れてない人ですねごめんなさい。でも大概のことは情報得てなくても思ったと思います。

で、絶望で笑った。(知ってたけど)

ハヤテは読んだこと無いけど素直に楽しめたので良かったと思います。

そして、舞台挨拶!
まずはネギま!チーム登場で、わー野中さんだ神田さんだ利奈さんだ小林ゆうだーぞろぞろぞろぞー亜矢奈さんだーわーそっかアスミスだーわーわーうおお志村由美さんすごい本当に小さい小さい小さいー松岡由貴さーんわーわーまいたーわー。(心の中・順不同)

わぁ神田さんかわいいなぁ藍ぽん驚いたしか言ってないよ小林ゆうマジパネェ。
それぞれのコメントとか振る舞いに個性が表れててほんと面白かった。
神田さん利奈さんは流石だなぁとか、藍ぽんは良いこと喋るの苦手か・・・wとか、マイタ結構思い強かったのねとか、いのくちゆかさんこんな方だったのねとかいろいろ。
詳しい様子は黒猫さんのレポとか見てもらうとして。

ハヤテチームも登場でおぉうりょっち、理恵さんすげぇ!御前!これが釘か。
釘こんな声で喋るんか!マジかよ。

写真撮影絡みの諸々も面白かったなー。
小さい志村由美さんの周りとか御前のセクハラとか。
理恵さんの腰に絡みつく御前の手はエロ過ぎだろ・・・。

既に次の展開が決まってるハヤテと一応FINALと銘打たれてるネギま!の雰囲気の違いがちょっとヤだったな。

といったところで舞台挨拶おしまい。
友人宅に宿泊。

そして翌朝、再びバルト9へ!
朝イチで2回目を見てきましたことよ。

客層も一般寄りになり、上映中の笑い声とか少なかったな。
間の絶望改造もあんまりウケてなかったし。
やっぱ舞台挨拶に来るほどのコア層とは少し違うのか。
まぁ舞台挨拶回はお祭り的面もあるからハードルも違うが。

その後また18切符でごとごとと揺られて愛知へ帰ってきましたよっと。


さて、ネギま!映画の感想とかを。
帰りにTwitterで吐いた分も合わせてまとめてみよう。

まず当日上映開始からのこちらの記事で映画見る前に得た情報は・・・
・長い白画面→本当。長い。クソ。尺が無いのに無駄遣い。マジクソ。
・カット→本当。何カ所もある。クソ。
・使い回し→少しある。クソ。

あととにかく箇条書き。
・画面暗い。OADのときから違うっつってただろが。引っ張んなクソ。
・そのクセにのどかと夕映の変身シーン。ちぐはぐ。雰囲気合わない。あれは「魔法少女ユエ」だから良かったの。
・楓らの戦闘後のシーンがカットされすぎぶつ切りわけわかんねえクソ。
・全体的にシーンの繋がりが雑。
・魔法世界の人たち出てない。アリアドネー組の出番はどうした。
・フェイトガールズの出番はどうした。これら一番期待してたとこじゃないか。
・メインの登場人物だけで全部済まそうとしててクソ。麻帆良の人間どうした。
・学園長が喋りすぎ。その他先生方も言動が「らしくない」。つーかネギたちだけ戦わせて突っ立ってる先生方とか何なのふざけてるの。
・つまりキャラクターが意志を持って動いてない。たくさんの登場人物を捌けない奴は引っ込んでろ。
・登場人物で話を動かそうとしすぎている。ネギま!はネギの話じゃなくて群像劇なんだよ?

ストーリーの中身としては、まず本契約により仮契約者の魔法に関する記憶が消えるという設定に引っ掛かりがある。
・一般人への魔法バレ前提の制度なのか?
・記憶操作の範囲及び方法、実行主体
・何のために記憶を消すのか。
・魔法バレしたから記憶を消すのか?本契約の邪魔になるから記憶を消すのか?
・仮契約のない魔法バレの扱いは?
・とにかく仮契約と魔法バレは別の現象なのでそれをごっちゃにしたような説明じゃわからん。

あと火星が落ちてくること及びそれに対する対処について。
・始まりの魔法使いが望む未来は火星が落ちてくれば達成されるのか?
・明日菜のマジックキャンセル特性のその他との競合は?
・ネギに魔力を?元来仮契約はネギの魔力を供与するものでなかったか。
・刹那は何故タケミカヅチを?シーカ・シシクシロ使わないの?

良いとこ?アデアットでAFの名前をラテン語で詠唱するキャラが多かったことかな!
作画はだいたい気にならなかった。大して作画してないんだから当然よね()
EDの紙芝居が酷すぎて作画の印象もクソもねえよ。
歌いいのに台無しじゃねえか。

シャフト表出ろばーか。
監督その他メインスタッフ表出ろばーかクソー。
プロデューサーいい加減にしろばーか。

前回までの反省が何も活かされてないよリサーチしてねえのか無能どもめ。
ネギま!の良いアニメを作れるスタッフはどこかにいないのか・・・・・・頼むよ・・・・・・これで終わりとか絶対無いから。無いから。

以上感想!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ネギま!関連サイト巡回(08/31)

    Excerpt: ■「確実不定期日記な日々・・・orz/朝食たまネギ」さん「魔法先生ネギま!劇場版+舞台挨拶の感想」 魔法先生ネギま!劇場版+舞台挨拶の感想 確実不定期日記な日々・・・orz/朝食たまネギ/ウェブ.. Weblog: ネギま!部屋(楊さんのページ別館) racked: 2011-08-31 21:39